【学校行きたくない】理由がわからなかったり泣いてしまうときに。【あなたは大丈夫】

児童生徒支援

このページはPRを含みます。

こんにちは。今回は学校に行きたくないというときの気持ちの整理や対処法を学生さんと保護者の方に向けて伝えたいと思います。

この記事を読んでほしい人

学校に行けているけど、学校にいきたくないなーと思っている人

学校に行けていない人とその保護者

学校に行きたくないけど、理由がわからない人

学校に行きたくなくて泣いてしまう人、行きたいけどなぜか涙が出る人

目次

学校に行きたくないのはなぜか

学校に行きたくないときにすること

学校に行かない間に助けてくれるところ

学校に行きたくないのはなぜか

学校に行きたくないという気持ちは誰しも思ったことがあると思います。

私も学校に行きたくないと思ったことも、不登校だったこともあります。

当時も考えていました。「どうして学校に行きたくないんだろう。」と。明確な理由が分かる人もいますが、それがわからない人もいます。でも心配しなくて大丈夫です。とにかく大丈夫です!

まずはみなさんが気になっているであろう、学校に行きたくない理由から早速お伝えします。

学校に行きたくない理由

学校に安心感がないから

学校が辛くてもいくために自分を支えてくれるものがないから

学校はつらいです。まず、クラスメイトや学校の先生が自分のことをわかってくれません。人はそれぞれの感じ方や性格、特性を持っています。どう感じるか、つらいことにどう納得するか、どう意見を伝えるか、人の数だけ方法があります。

学校のクラスメイトや先生は他人なので、自分の気持ちをわかってはくれません。自分の気持ちを伝えても、「え、そんなことで?」とか、「それは気にしなくて大丈夫!」とか、それぞれの人の感じ方しか伝えることはできないのです。すると、「自分はみんなと違う」「自分はなにかおかしい」「自分はみんなと違う」と、周りを敵(=自分の仲間ではない)だと思うようになります。すると学校=敵のいるところとなり、学校に行きたくなくなるのです。

また、辛くても自分を支えてくれるものがあったら、がんばれるかもしれませんね。たとえばアイドルやアニメ、SNSやYoutuberなどが元気をくれることもあるかもしれません。また、親や昔の友だちが自分を支えてくれる場合もあります。放課後に楽しみがあったり、学校以外に安心感のある居場所があれば、大丈夫という場合もあります

この両方がない場合、学校に行くというのはよっぽど強い人でないと難しいになってしまうと思います。

学校に行きたくないときにすること

学校に行きたくないときにすることをいくつか紹介します。

まず、学校に行きたくないときに2つの道があります。

  • 行きたくないけど行く
  • 行かない

当然、学校へ行けるなら行った方が良いので、行くことができるかどうかを検討します。行ける場合は例えばとりあえず校門まで行く、教室ではなく保健室などに行く、1時間だけ行くといった方法が考えられます。

行かない場合は選択肢が色々あるので、やってみましょう!

学校に行かないときにすることの例

好きなことをする

なにもしない

外に出てみる

とりあえず笑顔を作る、手を挙げる、声を出す、一人でおどる

なんでもいいんです。私もたまに一人で自作の踊りをおどったりします笑 するとなんだかストレスが少し減るような気がしたりします。あとはご飯をたくさん食べたりしますね。

大切なのは「休む」と「がんばる」のバランスです!まず、ちゃんと休みましょう!休まないと心も体もおかしくなります。これは時間がかかる場合もあります。私は大人ですが、最近も仕事をやめて、つらくて1ヶ月くらい実家のベットでゴロゴロしていました。

「なにもしたくない」「人生どうなるんだろう」と思っていましたが、1ヶ月くらい家にいたらなんだかやりたいことが出てきました。(それがこういった記事を書くということでした。)

「休んだ」ので「ちょっとがんばる」をしています。つらくなったらまた休んだらいいのです。休んでもいいと考えることがとても大切なのです。

学校に行かない間に助けてくれるところ

学校に行かない時間が長くなってくると、いろいろとつらい気持ちや不安な気持ちも大きくなりますよね。

おすすめの不登校支援専門としているオンラインの塾やフリースクールを3つ紹介しておきます。子どもの様子に合わせてぜひ検討してみてください。

特徴
ティントル・オンラインの個別指導塾。教科学習を主とする。
・子どもと保護者の両方へ向けたサポートを行うので、保護者の方が行き詰まっている場合はおすすめ
・ スタッフは有資格の専門家。教育心理カウンセラー、不登校心理相談士
・ 会いたいと思う講師を生徒ひとり一人に合わせてマッチング。勉強のやる気やモチベーションup。
保護者の悩みもサポート!家庭ごとにサポートチームが付くので、家庭の不安に対するケアが可能。
・出席認定や評価認定に対応可能な場合あり

SOZOWスクール
・オンラインのフリースクール。居場所を作る。
「好きでつながる」というコンセプトのため、趣味や好きなものがある場合はおすすめ(ゲーム、Youtube、お絵描き、プログラミングなど)
自己肯定感とつながりを重要視するが、5教科も自由な進度で学ぶことができる。不登校支援、教育経験のあるスタッフが学習をサポート。
顔や声を出さずに友達を作れる。メタバース空間でのコミュニケーション。
・出席管理がないので、参加タイミングも頻度も子供のペースに合わせられる
小中学校の出席認定にも対応可能な場合あり
・保護者向けセミナー等も多数開催。保護者同士のつながりも増える

【スダチ】
・オンラインで保護者に子どもとの接し方を伝え、不登校を解決するサービス。子どもとスタッフは接触しない。
・不登校を3週間〜2ヶ月で解決

・累計600名以上が再登校。
・大学教授や精神科医といった専門家も推奨している
・経験豊富なサポーターによる毎日のサポート
・原因に関わらず解決可能(ゲーム依存、友人関係、発達障害など)

それぞれのサービスについてはこちらの記事をご覧ください!

まとめ

いかがでしょうか。とにかくしっかり休むことが大切ですが、家にいても休めないという人もいると思います。そういう場合は外に安心できる場所をつくることができるといいですね。

また保護者の方も一人で悩まず、知識を持った専門の塾やフリースクールなどの利用も検討してみてください。

家族が納得した答えを見つけられるように祈っています。

コメント