【中学国語文法】文 文節 単語や、主語 述語 修飾語など国語文法を解説!

現代文

こんにちは!今回は、現代の国語の文法について解説します!

一度に全部は解説できないので、今回はPart1として、文節や単語、主語述語について解説します!

目次

言葉の単位

文節の機能 主語・述語・修飾語・接続語・独立語

連文節・指示語・接続語

まとめ もっと詳しく学びたい人へ!

効率的な学習方法を知りたい人へ!

国語をマスターするためには、効率的な学習方法が必要!

おすすめの国語も強い塾でプロの指導を受けると、短期間で成績がUPします!詳細はこちら!↓

10の品詞について詳しく知りたい人はこちら!↓

言葉の単位

まず最初に、言葉の単位を確認しておきましょう!

現代の言葉には5つの単位があります!

5つの言葉の単位
  • 文章・・内容が書いてある全体。例えば、小説、論説、日記など。
  • 段落・・文章の内容ごとのまとまり。主には、最初が1文字分下がっている形式段落のことをいうが、この形式段落がいくつか集まって作られる意味段落もある。
  • ・・まとまった内容を表すひと続きの言葉。句点(。)や?や!で終わる。一語で一文になるときもある。例「だれ?」
  • 文節・・文を意味を壊さない程度に区切ったひとまとまり。文節は、「ね」や「さあ」をつけて区切ることができる!
  • 単語・・意味を持つ言葉の最小単位

現代の日本語は、このような5つの単位で分かれています!

文章、段落、文は、わかりやすいですが、文節と単語は分け方がちょっと難しいですよね!

下の具体例のように、文節は「ねぇ」をつけて分ける!単語は、とにかくバラバラにわける!と考えましょう!

ここまでの内容はOKですか?ここまでの内容についておまけのポイントがあります!

覚えておいてほしいポイント
  • 「持ち上げる」、「勉強する」、「笑い顔」のような複合語(2つの言葉がくっついて1つの言葉になっている)は1単語
  • 「さわやかだ。」「元気だ。」のような、最後を「な」に置き換えられる言葉は1単語。

よいでしょうか?では次に行きます!

文節の役割

さっき勉強した文節には、5つの役割があります!

それが主語・述語・修飾語・接続語・独立語の5つです!

それぞれ解説しますね!

1.主語 2.述語

主語と述語は、文の最も中心となる部分です!主語は「だれが、なにが」ということを表し、述語は「どうする、どんな、なんだ、ある(いる)」ということを表します!

4種類の主語・述語の関係
  • 何(だれ)がーどうする。  例 花が咲く。
  • 何(だれ)がーどんなだ。  例 花が美しい。
  • 何(だれ)がー何だ。    例 花が目印だ。
  • 何(だれ)がーある(いる)。例 花がある。

主語のポイントは、「・・が」という形になることです!他にも「・・は」「・・も」「・・こそ」という形もありますが、主語の場合は必ず「・・が」に言い換えられるので、それが判断の基準になります!

また、どれが主語で、どれが述語かを見つけるときは、先に述語を見つけてから主語を見つけるとわかりやすいです!

これは、述語が文の最後にある事が多く、「・・が」のようなややこしい判別が必要ないからです!

3.修飾語

修飾語は、あとの文節を詳しく説明する役割があります!

例えば下の画像のように、「雨が激しく降る」の「激しく」は、「降る」という言葉を説明していますよね!

これは例えば「雷が激しく降る」「雪が激しく降る」と言えるように、説明しているのは「雨」ではなく、「降る」であることがポイントです!

そして、画像の左側にあるように、修飾語には色々なパターンがあります!

修飾語のポイントは、とにかく後ろの言葉を修飾するということです!前の言葉を修飾することは絶対にありません!

修飾語がどの言葉を修飾しているかを見つけるときは、その言葉をどんどん後ろに移動させてみてください!

移動させてもOKな場所のうち一番後ろに修飾語が入る場所のすぐ後ろが、修飾語が修飾している言葉です!

この言葉を被修飾語といいます!

例 「今日は、ピーちゃんというかごの中で元気に鳴いている青い鳥と遊ぶつもりだ。」 →「ピーちゃんという」が修飾しているのは?

「今日は、かごの中で元気に鳴いている青いピーちゃんという鳥と遊ぶつもりだ。」→ここが一番うしろなので、「」!

4.修飾語 5.修飾語

文節の役割の4つ目は、接続語です!

接続語は、理由や条件を表したり、文と文、文節と文節をつなげるという役割です!

そして最後は独立語です!

独立語は、他の文節とは直接関係がない文節になります!具体的には、あいさつや返事などになります!

これらは、他の言葉に比べると判別がかんたんですね!

独立語の中には、画像の一番左のように、強調するために言葉を最初に示すパターンもあるので注意しましょう!

連文節・指示語・接続語

ここからは、少し細かい内容になります!

連文節

まず、連文節についてです!

連文節は、2つ以上の文節がまとまって、主語、述語、修飾語などの役割をしているもののことです!

「2つ以上の文節がくっついている」というところだけがポイントなので、連文節にも、主語・述語・修飾語・接続語・独立語の5つの役割があります!

連文節が役割を持っているときは、主部・述部・修飾部・接続部・独立部と、それぞれ「部」という言葉がつくようになります!

具体的には下の画像のようになります!

また、文では画像の左の方にあるように倒置が起こることもあります!

倒置とは、「本来の文の順番を入れ替えて強調すること」です!

ここまでの全体の内容を踏まえて、ポイントです!

Point
  • 主語は述語よりも前に来る。述語は普通文の最後にある。(2つの文が読点や接続語でつながっているときは、その前に来るときもある。)
  • 修飾語は、修飾される文節よりも前にある。
  • 接続語や独立語は文の初めに来ることが多い

指示する語句

次は、指示する語句です!

直接物を指し示したり、文中の語句や文全体を指し示すことで繋いだりする語句のことです!

「こそあど」などと呼ばれたりしますね!

接続する語句

最後に、接続する語句です!

接続する語句は、文と文、段落と段落などをつなぐ言葉のことです!

知っている言葉だと思いますが、しっかり役割を分けて整理しておきましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

ここの内容をしっかり押さえたら、次は品詞に移りましょう!

また、多くの生徒が感じているように、独学での国語の学習は難しいです!が、プロのサポートを受けることでその難しさを克服することができます!

実際、多くの生徒がプロの指導を受けて、国語が確実に理解できるようになり、成績も大幅に向上しました!

『わかりやすい説明と実践的な練習問題のおかげで、自信を持って国語に取り組めるようになった!』と言っています!

自学やアプリを使った学習も一つの方法ですが、塾での専門的な指導は効果的です!

さらに深く学びたい方や、他の国語のポイントも効率よく学びたい方は、ぜひこちらの塾をチェックしてみてください!プロの指導で成績アップを目指しましょう!

また、他の国語の内容について他にも記事があります!

ぜひ見てみてください!では!

コメント